スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年度日刊スポーツ映画大賞ファン大賞年間決選

2010年度日刊スポーツ映画大賞ファン大賞年間決選

http://www.nikkansports.com/entertainment/cinema/ns-cinema/vote-fun-year.html

こちらをPCでクリックしていただくとノミネートされてる作品一覧の一番上に
BANDAGEがあります。

投票にはID登録が必要ですがとくに有料とかいうことはないようです。
投票は一人一回とあります。

携帯でも投票受付されてます。


締め切りは12/9です。


昨日もリン友さんのJin sideな毎日のringoちゃんとこでの和訳を紹介しましたが
そちらもあわせてごらんください。

いつも丁寧に自分の言葉と感性で訳してくれてるおねえちゃんにほんと感謝。
そしてringoちゃんのまめさにも脱帽です

いちおうNippon project の原文を載せておきます。
わたしは最初に翻訳サイト (携帯ならau翻訳だったり PCならエキサイト翻訳など)で
ざっと訳らしきものになってるのを読んだ後にじぶんなりに単語ひとつひとつ
あとは仁さんならこんな言い回しかなってのを見たりします。

先日のpurpleSKYでゆっちのことをchillって表現していたのがどうしても
直訳だと 寒いですとか寒気とかでてしまい
おいおいこれはちがうでしょーーーと思いました。

娘に聞くとうーーんわかんないけどいいやつとか気のおけないやつとか
いい意味でも使うよとのこと。
いちおう娘の学校は英語にかなり力いれてます。

リン友ちゃんのとこでは落ち着くとあり 他の方の訳でも「いいやつ」とありましたので
やっぱりそういう意味かと思ってます。

なんておくが深いんだ。仁さん。

ここ半年で中学高校以上に英語と向き合ってます
わたしヒアリングはいけるんだけどなー
喋るのがちょっと・・・・
にしても・・・これだけのことを面倒がらずに(ある意味ちょっと他力本願)やってる自分は
そうとう仁さんが喋ってるところに耳を傾けてると思います。

でも凱旋コンでは日本語でMCお願いしますね~~~


Nippon project

Interview with Akanishi JinDate: 2010.11.20 Interview Artist: Akanishi Jin Image © 2010 Johnny & Associates, Inc, courtesy of UTB On the last stop of his tour, Yellow Gold Tour 3010, I had the opportunity to sit down and chat with Jin Akanishi. We talked about the tour, the time in the US and his role in the movie, BANDAGE, released earlier this year.

Nippon Project: First off, welcome back. Let’s start with a small introduction of yourself and a fact that fans may not know about you.

Jin: Uh. Hi, I’m Jin Akanishi (laughs), nice to meet you. I’m a Japanese singer and I’m on tour right now. I am trying to go across America. I went to Houston, San Francisco, um where? Chicago, L.A. and now I’m in New York to have the last show.

And the fact that fans don’t know?

Jin: (After a pause of thought.) I…. Have to… Know… about myself more, sorry (laughs). You guys know about me better! That’s a fact.

This is your second time to perform in the US, right?

Jin: Yes

What are some main difference between this time and the last time?

Jin: I have 3 new songs for this tour and this time I’m traveling so it’s a little harder. Yeah, but I’m having fun. I’m very excited to see different people in different cities. Yeah, it’s fun.

Let’s talk about the name of your tour.

Jin: Yellow Gold Tour 3010

Yes, why did you choose to say 3010 instead of 2010?

Jin: Because, the composition of my concert is a sort of Futuristic. When I thought about it, I was like ‘Yellow Gold Tour 2010’. That was the first draft. Then, I was like,” Why don’t we make it like 3010. It’s more futuristic.” It’s not a mistake. People thought it was a mistake (laughs).

Are there any of times you’ve been in the US? if yes, for what reasons?

Jin: A lot of my friends live in the US, so sometimes I visit here to see them and I used to live in L.A. for 6 months to study.

Are there any places you’d like to travel that you haven’t been yet?

Jin: Well, I’ve been in Boston before. I like the city and atmosphere, so I want to go back.

How about other countries?

Jin: I want to go to Italy, France, the Europe area. Because, I have only been to Spain.

Who are some of your favorite American artists or performers?

Jin: There’s a lot.

Name a few?

Jin: Keri Hilson, Kanye and Lil Wayne. Yeah! There’s a lot, but I love to listen to music. Like, what’s good is good. You know?

Any American artists that you’d like to collaborate with in the future?

Jin: If I have a chance, anybody. I just want to have fun, so I want to see different styles and the chemistry of the people who collaborate with me.

What other job do you think you would have if you weren’t in this industry?

Jin: That’s a hard question. Maybe, professional soccer player.

You like soccer?

Jin: Yeah. Well, I used to play Soccer when I was little. I would love to be a professional soccer player right now. I mean, if it were possible I would.

Let’s talk about the Movie, BANDAGE, that was released earlier this year. How did you enjoy filming the movie?

Jin: It was really fun. It was the first time for me to shoot a movie. It was just amazing, the staff and the director and all the cast. Yeah.

Tell me you feelings about the movie in general.

Jin: The first time I watched myself on the big screen, I was kind of embarrassed. I am in a couple TV drama, and those are way different than movies. Like, the way you shoot and the scheduling, they are more chill.

The movies?

Jin: Yes, the Movies.

Can you see yourself in your character ,Natsu, from the movie?

Jin: Hm… I don’t think so. I’m a different person.

Well, what are some main differences?

Jin: Comparing my character and myself? Well, personality is completely different. Maybe the way he talks is a little similar.

But, what in the personality would you say is different though?

Jin: He is a Rock singer.

So, he thinks Rock and Roll.

Jin: Right. Yeah, I’m not a Rockstar (laughs). The lifestyle is sort of different.

Did any weird or funny things happen to you on set of the movie?

Jin shakes his head

No?

Jin: Oh! There was a kiss scene with Kii Kitano, She’s a great actress and also she was like 18, I think, at the time. In the scene she has to cry right after I kiss her. When we were done the kiss scene she was going to cry. Well, I saw when she was crying and I felt so bad (laughs). The reason why she’s crying is because I kissed her. I was just thinking, like, ‘Dammit!’

So, New York is the last stop on the tour do you have anything special planned since it is the last show of the tour?

Jin: Like you said, this is the last one. I, every time am going all out, but I am going make sure I leave this show and the tour with no regrets.

Lastly, A message to the fans

Jin: Thank you all for your support up until now. I am working on an album and a single right now, so when it’s out please check it out.

Nippon project would like to thank Jin Akanishi and UTB for making this interview possible



【拍手いただいたYu様】

ありがとうございました。

そうなんですね。
まだまだ勉強です~~
いろいろな言い回しで 訳す方は大変ですよね~

たすかります。
またお待ちしてますね。  蘭
昨日 ベストハウス123をみてたら 
ほんとに何気にただついてたからって感じでしたが すごい女たちってとこで
アンジー(アンジェリーナジョリー)の半生を追ってました。

仁さんが好きなアンジーについてあまり知らなかったんです

近年の活動については知っていても幼い頃のことやなぜ女優になったかとか
女優になるきっかけや ブレイクしたきっかけの作品などについては
実は調べたりもしなかった。

今 ボランティアなどに1年のほとんど 仕事以外は時間をさいて
ブラッドピットとともに収入の3分の1を寄付しているというアンジー

昔の妖艶な感じの表情もよかったですが今の姿や顔の表情がとっても素敵です。

魅力ある人間は内側からかがやくものが違う。。。
やっぱりそう思わずにはいられませんでした。

彼女がいってることもコミュニティーが広がっていけばという仁さんの言葉と
重なって聞こえました


そして夜中にみていた 「カタリダス」
秋元康さんがゲストというかかたりべで話してました。
AKB48のブレイクについてでしたが ヒットする秘訣はそれは売れてからつけるもんでしょ
それがわかってたら苦労しないよと
面白おかしく話してましたが すべてうなづけるものでした。

夢をみることは一生の宝だと話してました。

目の前に壁があるときそれはこわしたりうーーんどうしようかと前で悩むのではなくて
右か左に動けと。
どこかに切れ目があるから・・・と。

なにかをやれば なにかがおきる
とも言ってました。

この手の話 やっぱり仁さんに結びつけちゃいますね。

最初の最初 AKBに娘の友達が入っていて(今はもう違う所属ですが)
なんで?そこにいっちゃったの?とか思ってましたが やっぱり先見の明っていうか
ある程度何年かあとの じぶんを想像して思い浮かべて段階を踏んだ彼女は
まだ小学生でしたがすごかったなあと思います。
親がすすめたかと思ってましたが彼女の選択でした。

今は違うユニットでテレビに出ています。
わたしはあそこでは(AKB)埋もれていたから今がちょうどよいという彼女にも
大成してほしいと思ってます。

毎日テレビをチョコチョコ見てますが。
今 娘のテスト期間で起きてるとどうしても別の部屋でテレビつけてます。

娘は3の倍数の睡眠がよいというのを聞いて ねむくなると3の倍数で仮眠をとるんです汗;;

ただ・・・わたしにこの時間に起こしてねというのだけはやめてほしい~~~
絶対起きないんです。


眠いですが・・・ではわたしはこれから仕事にいってき!
また夜にでもnetの仁さんのクリスマスメッセージがあがってることを祈ってます。
(帰ってきてからかな?)
webでもやってほしいねーーー

ciao!

コメントの投稿

非公開コメント

こんなわたし

蘭

Author:蘭
関東首都圏住み。
性別:女
好物:KAT-TUN赤西仁くんのセクシーなくちびる
   仁くんの細く綺麗な指
憧れ:仁くんの自由でストレートなところ。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のエントリー
仁さん誕生日まで・・・

今 何名?
現在の閲覧者数:
無料カウンター
いらっしゃいませ~
コメントありがと~
お友達&BOOKMARK
カテゴリ
月別アーカイブ
ジャニーズ最新情報

QRコード
QRコード
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。